EaseUS公式ストア

Todo Backupで何ができるのか?

システムバックアップ

システムドライブ(一般的にはCドライブ)をそのままバックアップします。システムをバックアップしておくと、「パソコンが起動しなくなった」、「システムがクラッシュした」、「ウィルスに感染してパソコンに異常が発生した」など、システムに問題が発生した際に役立ちます。
バックアップデータから正常なシステムデータを復元することで、すぐにパソコンを正常な状態に戻すことができます。(※)また、他のパソコンにシステムデータを移動することで、同じ環境を作り直すこともできます。

※問題の原因が物理的な要因によるものである場合は、元に戻すことはできません。

ファイルバックアップ

バックアップしたいファイルを指定して、バックアップすることができます。システムバックアップとは違い、必要なファイルだけをバックアップするので、バックアップの時間を短縮することができます。ファイルは動画や写真、Eメールなど保存したいタイプから選択できます。

ディスク&パーティションバックアップ

ディスクやパーティションを丸ごとイメージバックアップでバックアップします。システムバックアップとは異なり、パーティションやディスクごとにバックアップができる機能です。

ネットワーク上のデータをバックアップ

ローカルにあるデータだけでなく、ネットワーク上のデータをバックアップできます。
NASやネットワークへのバックアップと復元、NASやネットワークからのバックアップや復元が可能です。バックアップデータを遠隔地にバックアップすることで、災害にも対応することができます。

ネットワーク上へデータをバックアップ

ネットワーク上にあるスペースへデータをバックアップすることができます。これにより、離れた場所からでもデータの復元が可能になります。

フルバックアップ

パソコン内のデータをすべてバックアップします。初回バックアップ時は時間がかかりますが、全てのデータをバックアップすることができます。2回目以降は差分や増分をバックアップすることでバックアップ時間を大幅に短縮できます。

増分バックアップ

前回のバックアップから増えた分だけバックアップするというバックアップ手法を利用できます。前回のバックアップから変更のあった部分だけをバックアップするので、バックアップに使用するハードディスクの容量を節約でき、バックアップにかかる時間も短縮することができます。しかし、復元には整合性を計算するためかかる時間が通常より多くなります。

差分バックアップ

基本となるフルバックアップファイルとの差分を全てバックアップするバックアップ手法を利用できます。復元が増分バックアップに比べて素早く行うことができます。しかし、日々バックアップすべき量が増えていくためハードディスクの容量は増分バックアップより必要とします。

スケジュールでバックアップ

バックアップをスケジュールで自動的に行うことができます。自分でバックアップを行わなくても決まった時間に自動的にバックアップが行われます。

リモートコントロールバックアップ

「Todo Backup Central Management Console」(※)を使用すれば、1つのパソコンから複数のパソコンのバックアップと復元を行うことができます。法人などで複数のパソコンを一括で管理する必要がある場合などに便利です。

※別途英語サイトにて購入していただく必要があります。英語版のみ対応。Home版は非対応

セクター単位のバックアップ

ハードウェアをセクター単位でイメージバックアップすることができます。

CD・DVD、ネットワーク、NASにバックアップ

CDディスクやDVDディスク、ネットワーク、NAS上の空き容量にバックアップすることができます。USBへのバックアップにも対応しています。

テープへバックアップ

テープストレージへのバックアップに対応しています。Home版は非対応。

PXEネットワークブートでリカバリ

PXEネットワークブートを使用してリカバリが可能です。

※サーバー版のみ対応。

ファイルリカバリ

バックアップしたファイルからファイル・フォルダ単位で必要なデータだけをリカバリすることができます。必要なデータだけをリカバリするので、高速にリカバリできます。

ディスク&パーティションリカバリ

バックアップしたディスクもしくはパーティションデータを使って、バックアップした状態にリカバリすることができます。

異なるハードウェアにリカバリ

バックアップしたハードウェアが物理的に壊れた場合、同じハードウェアをすぐに確保できるとは限りません。そんな時でも異なるハードウェアにデータをリカバリできます。

バックアップタスクを編集できます。

一度設定したバックアップの設定を編集して、変更することができます。

イメージファイルのP2V変換が可能

イメージファイルをハードウェアから仮想ファイルへと変換します。これにより実際のサーバー上にあるデータなどをVMwareなどの仮想環境に移行できます。

システムをイメージファイルでバックアップ

システムのイメージファイルを作成して、バックアップすることができます。

クラウドにコピー

データをクラウド上にコピーすることができます。遠隔地にデータを保存することで災害などによるデータ紛失を防ぎます。

その他の機能

  • FAT、NTFSファイルシステムに対応
  • ダイナミックボリュームに対応
  • GPTブートに対応
  • WinPEでUSB3.0に対応

お客様へたいせつなご案内

  • ※ ライセンスのマイナー バージョンアップは無償です。メジャー バージョンアップは有償です。有効期間内の年版ライセンスはいずれも無償です。バージョンの整数部分が変わらないものをマイナー バージョンアップ(1.0 → 1.x など)、整数部分が変わるものをメジャー バージョンアップ(1.x → 2.x など)と言います。
  • ※ 記載内容および製品仕様は改良のため予告なく変更することがあります。
  • ※ 本製品を使用するには使用許諾契約に同意する必要があります。
  • ※ 動作環境に記載の要件を満たしたパソコンが正常に動作する環境でご使用ください。自作パソコンはサポートされません。
  • ※ 記載されている会社、製品、サービス等の名称はそれぞれ各社の商標または登録商標である場合があります。
  • ※ ライセンスの再発行はできません。購入した内容および領収書、注文番号等はかならずお手元に保管してください。
  • ※ バージョン限定版ライセンスのサポートの提供期間はご購入日より 1 年間となります。なおサポートは各製品の最新の動作環境・対応機種要件を満たしている場合にのみご提供いたします。
  • ※ Lifetime アップグレード版ライセンスのサポートの提供期間はご購入日より 1 年間となります。それ以降のサポートを希望する場合は別途料金がかかります。なおサポートは各製品の最新の動作環境・対応機種要件を満たしている場合にのみご提供いたします。
  • ※ 対応 OS のサポートについては Microsoft 社および Apple 社のサポートまたは延長サポート終了後は、対象外とさせていただく場合がございます。
  • ※ PC や Mac 本体のほか周辺機器などのハードウェア、OS やその他のソフトウェアとの相性や互換性など、本ソフトに依らない要因により十分なサポートができない場合がございます。またその場合はサポートの対象外とさせていただく場合がございます。
  • ※ サポートの内容に関連して生じたお客様の損害について弊社は一切の責任を負いません。